ブログ

ブログにツイッターを埋め込みするメリット・デメリット【3分でわかる】

かんすけ
かんすけ
ブログにツイッターを埋め込みできるんですか?
アフィラ
アフィラ
埋め込みしているブログはたくさんあるよな
かんすけ
かんすけ
僕には無理そうなんで諦めます!
アフィラ
アフィラ
喝ぁーっ!埋め込みは簡単だし、メリットもあるぞ!

こんな悩みをもったあなた向けの記事

悩み
悩み
ブログへのツイッター埋め込み方法がわからない
悩み
悩み
ツイッターを埋め込むメリットを知りたい
悩み
悩み
ツイッターを埋め込むデメリットを知りたい

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  1. ブログにツイッターを埋め込みする方法
  2. ツイッターを埋め込む3つのメリット
  3. ツイッターを埋め込む3つのデメリット

本記事では「ブログにツイッターを埋め込む方法とメリット・デメリット」を紹介。

読み終えれば、ブログにTwitterを埋め込んで、効果的に運用できるようになります。

 

5年目ブロガー&Twitterフォロワー3万人を両立している私が、ブログとTwitterの連携方法について書いていきますね!

【 執筆者紹介 】
・アフィラ@5年目ブロガー
・ブログ飯で独立したフリーランサー
Twitterフォロワー数:32,000名以上

 

アフィラ
アフィラ
この記事を読んでくれた人の感想だ

<記事を読んでくれた方の感想を追加する予定です。>

ブログにツイッターを埋め込みするメリット・デメリット【3分でわかる】

ブログにツイッターを埋め込みするメリット・デメリット【3分でわかる】
かんすけ
かんすけ
ブログにツイッターを埋め込んでいる人はよく見ます
アフィラ
アフィラ
せっかく埋め込むなら効果的に使いたいよな

ブログにツイッターが埋め込みされているのを見たことありませんか?

誰かのつぶやきや、自分のタイムラインなどをブログに貼り付けている人は多いです。

 

実はこれらを効果的に使うことで、ブログとツイッターを有機的に連携させることが可能。

まずはブログへのツイッター埋め込み方法について解説していきます!

埋め込みを利用すれば、ブログとツイッターを上手く連携できる!

ブログにツイッターを埋め込みしてみよう!

ブログにツイッターを埋め込みしてみよう!
かんすけ
かんすけ
ツイッターの埋め込みってどうやればいいんですか?
アフィラ
アフィラ
埋め込めるものや、埋め込み方法にはいろいろあるぞ

 

ブログへのツイッター埋め込みができるものには様々な種類があります。

✅ツイッターからブログに埋め込めるもの

  • 自分のツイート
  • 他人のツイート
  • 自分のタイムライン
  • 自分がいいねしたツイート
  • 自分の作成したリスト        など

埋め込み方法は複数あるため、順に解説していきますね!

ツイッターからブログに埋め込みができるものは様々な種類がある

ブログにツイートを埋め込みする方法

ブログにツイートを埋め込みする方法
かんすけ
かんすけ
ブログに誰かのツイートを埋め込んでみたいです
アフィラ
アフィラ
2つのやり方を紹介するぞ

ブログにツイートを埋め込む方法を紹介します。

ブログにツイートを埋め込む方法
  1. URL貼り付け
  2. 埋め込みリンクを取得して貼り付け

どちらも簡単に貼り付けが可能です。それでは解説していきましょう!

※Wordpressでブログを作成している人が多いため、Wordpressでの説明になります。その他の埋め込み方法は各ブログサービスによって決められています。

URL貼り付け

WordPressなら、URLをそのまま貼り付けるだけで埋め込みが可能なんです。

 

ツイートの URL をそのままテキストエディターにペーストしてください。この行の前後には記号やテキストを含めないようにします。

引用:WordPress日本語サポート

文字通り、貼りたいURLをコピペするだけで展開されます。

 

この方法では、背景色や表示形式を変えるカスタマイズは利用できないので注意。

カスタマイズしたい場合は、埋め込みリンクをブログに貼り付ける方法を使いましょう!

WordPressならURL貼り付けでTwitterを簡単に埋め込みできるが、カスタマイズはできない。

埋め込みリンクを取得して貼り付け

まず埋め込みたいツイートを表示します。自分以外のツイートでも埋め込めます。

 

右上にある下矢印マークから「ツイートを埋め込む」を選択。

 

 

新しく開いたタブで「Copy Code」ボタンをクリック。

 

この画面が出れば、自動でコードがコピーされています。

コピーしたコードを記事の「テキストモード」画面に貼り付ければ完了です!

 

ツイート埋め込み時のカスタマイズコード

ちなみに貼り付けたコードをカスタマイズすることもできます。

コピーしてきたコードの1行目に色付き部分を追加します。

✅配色をダークモードにする(背景黒)
<blockquote class=”twitter-tweet” data-theme=”dark”>

 

✅ツイートに含まれる画像・動画を表示しない
<blockquote class=”twitter-tweet” data-cards=”hidden”>

 

✅返信元のツイートを表示しない(リプライだけ表示)
<blockquote class=”twitter-tweet” data-conversation=”none”>

カスタマイズコードを使うと自由自在に埋め込み装飾が出来るので、埋め込む場所に応じて変化をつけてみるといいですよ!

ブログへのツイート貼り付けは簡単にできる!

ブログにタイムラインを埋め込みする方法

ブログにタイムラインを埋め込みする方法
かんすけ
かんすけ
ブログにツイッターのタイムラインを埋め込んでいる人がいました!
アフィラ
アフィラ
自動的に新しいツイートを流してくれる機能だぞ

ブログにタイムラインを埋め込むこともできます。

Twitter公式では、埋め込みできるタイムラインについて下のように紹介されています。

埋め込みタイムラインウィジェットを使えば、ツイートのコレクション(タイムラインと呼ばれます)をウェブサイトに埋め込むことができます。5種類の埋め込みタイムラインを利用でき、すべてtwitter.comのタイムラインと見た目や操作感が似ています。

プロフィール: すべてのTwitterアカウントからの公開ツイートを表示します。
いいね: 特定のアカウントがいいねしたすべてのツイートを表示します。
リスト: 公開リストのツイートを表示します。
コレクション:まとめて管理するコレクションからツイートを表示します。
モーメント:公開されているモーメントからツイートを表示します。

引用:Twitterヘルプセンター

主には自分のプロフィール、すなわち自分のツイートをブログに埋め込む人が多いです。

Twitterでは5種類の埋め込みタイムラインを利用できる。

 

Twitterプロフィ―ルの埋め込み方法

実際にブログにTwitterのタイムラインを埋め込んでみましょう。

まずは埋め込みたいアカウントを用意。

ここでは「https://twitter.com/(TwitterのID)」のURLをコピーしてください。

 

そのままTwitterPublishへアクセス。

URL欄に先ほどコピーしたURLを貼り付けしましょう。

 

ディスプレイオプションの画面が出るので、左の「Embedded Timeline」をクリック。

 

タイムラインがどう表示されるかプレビューされます。

 

背景色などカスタマイズしたい場合は「set customization options」をクリック。

 

高さ、幅、背景色、言語をカスタマイズできるので、好みに合わせて変化させるといいです!

 

カスタムが終わったら、「Copy Code」をクリックしてコピー。

後は埋め込みたいブログのテキスト部分にペーストすれば完了です!

Twitter Publishにアクセスして、自分に合わせたタイムラインを埋め込もう!

ブログにツイッターを埋め込むには許可がいるの?著作権は?

ブログにツイッターを埋め込むには許可がいるの?著作権は?
かんすけ
かんすけ
このイラスト素敵だからブログの記事に埋め込もう!
アフィラ
アフィラ
著作権は抑えておこう

ブログにTwitterを埋め込むときに、許可を取る必要はあるのでしょうか。

Twitter公式の利用規約には、下記のように書かれています。

 

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社が、既知のものか今後開発されるものかを問わず、あらゆる媒体または配信方法を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります(明確化のために、これらの権利は、たとえば、キュレーション、変形、翻訳を含むものとします)。

このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

引用:Twitterサービス利用規約

この規約に同意しているため、基本的にTwitterユーザーは全世界へのツイート閲覧を承諾していることになっています。

そのため、ツイートやタイムラインの埋め込みもTwitter公式の方法であれば問題ないです。

しかしながら、著作権・肖像権等に気を配る必要はありますね!

ツイートは全世界に公表されているもの扱い

ブログにツイッターを埋め込みするメリット3つ

ブログにツイッターを埋め込みするメリット3つ
かんすけ
かんすけ
ブログにツイッターを埋め込みするメリットはなんですか?
アフィラ
アフィラ
大きく3つあるぞ

ブログにツイッターを埋め込むことの3つのメリットを紹介します。

ツイッターを埋め込みするメリット3つ
  1. ツイッターから生の声を拾える
  2. 第三者の意見を利用できる
  3. 簡単に引用ができる

ツイートは毎日更新される生きた情報。

口コミなども拾いやすいので利用しない手はないですよ!

毎日新しい情報が流れるツイッターをブログに活用しよう!

メリット①:ツイッターから生の声を拾える

メリット①:ツイッターから生の声を拾える
かんすけ
かんすけ
なんでブログにツイートを埋め込むといいんですか?
アフィラ
アフィラ
ツイッターはユーザーの生の声が拾えるんだ

Twitterは毎日たくさんのツイートが飛び交う世界。

即ちリアルタイムの様々な意見を見つけることができます。

 

時代や情勢に合わせた生の声をすぐに反映できる点は、ツイッターならではのメリットです。

組み合わせれば、訪問者の知りたい情報が詰まった良質なブログができますよ!

ツイッターからの生の声を活かせば、ブログの質を上げることができる!

メリット②:第三者の意見を利用できる

かんすけ
かんすけ
人の意見って意味ありますかね?
アフィラ
アフィラ
第三者のツイートを使うと信憑性が上がるぞ!

他人のツイートはいわゆる通販サイトの口コミと同じ作用をします。

例えば有料noteやアフィリエイト商品などに対して第三者評価の視点を付与すれば、記事の信頼性が高まります。

 

ツイートだと評価が可視化されるので、その点も口コミパートとして使いやすいですね!

他の人のツイートは価値ある口コミなので信憑性UP

メリット③:簡単に引用ができる

メリット③:簡単に引用ができる
かんすけ
かんすけ
ブログに引用するべき情報がわかりません
アフィラ
アフィラ
信頼性の高い人のツイートを引用するのがアリだ!

Twitterでは企業公式やインフルエンサーなど権威性が高い発信者が多く存在します。

こういった人のツイートを引用すると、ブログ記事の信頼性が高まります。

 

また、どんなに長くても140文字なので、自分が伝えたい情報を簡潔に引用できます。

ツイートを引用するのは簡単に出来るわりにやってる人が少ないので、試してみるといいでよ!

権威性の高いアカウントを引用すれば、ブログの信頼性が上がる

ブログにツイッターを埋め込みするデメリット3つ

ブログにツイッターを埋め込みするデメリット3つ
かんすけ
かんすけ
ブログにツイッターを埋め込むデメリットはありますか?
アフィラ
アフィラ
気を付けることは3つあるぞ

ブログにツイッターを埋め込む3つのデメリットを紹介します。

気を付けるべき点を3つ紹介します。

ツイッターを埋め込むデメリット3つ
  1. Webページが重くなる
  2. ツイートの著作権に気を付けないといけない
  3. タイムラインを整える必要がある

いずれも改善が可能なポイントなので、ここでしっかり確認をしておきましょう。

ツイッターをブログに埋め込むデメリットはあるが、改善可能

デメリット①:Webページが重くなる

デメリット①:Webページが重くなる
かんすけ
かんすけ
ツイッターを埋め込めるようになったんで全記事に貼ります!
アフィラ
アフィラ
必要なところだけに絞りこんだほうがいいぞ

ブログにツイートやタイムラインを埋め込むと、ブログの読み込み速度が遅くなる可能性が高いです。

ツイート埋め込みのように、動的なデータは構築に負荷がかかるからですね。

 

当然、ページ読み込みに時間がかかるほど、ユーザーは離れてしまうのでSEO的にもNG。

必要な部分に絞って、ツイートを埋め込むようにした方がいいですね。

むやみやたらにブログにツイッターを貼り付けない。

デメリット②:ツイートの著作権に気を付けないといけない

デメリット②:ツイートの著作権に気を付けないといけない
かんすけ
かんすけ
著作権はまったく気にしなくていいんですよね!
アフィラ
アフィラ
アカウントによっては注意が必要だぞ!

基本的にツイートは全世界に閲覧が承諾されていて、公式の埋め込み方法も存在します。

 

しかしながら、アカウントによっては「無断転載NG」と明記している人も。

  • 絵師さん(イラストを配布しているアカウント)
  • カメラマン(自分が撮影した写真を掲載しているアカウント)
  • 出版社(刊行する雑誌の表紙等を掲載しているアカウント)

以上のアカウントは無断転載を禁止していることが多いです。

 

個人ごとに線引きが異なりますので、どうしても転載したい場合DMで確認するのも手でしょう。

転載したいツイートがあれば、そのアカウントにDMで確認するのが確実。

デメリット③:タイムラインを整える必要がある

デメリット③:タイムラインを整える必要がある
かんすけ
かんすけ
タイムラインを埋め込んだら満足したから、放置しとこ
アフィラ
アフィラ
埋め込んだ意味なくない?

ブログにタイムラインを埋め込んだ場合、常にツイート内容は整えておく必要があります。

見える範囲は2-3ツイート以内なのでTOPにあるツイートは、自分の価値観・考え・知識がわかるツイートにしておくのがいいですよ!

 

ブログを書いている人がどんな人なのか、興味を持ってもらえるのが一番ですね!

ブログをツイッターの発信で補うように、ツイートを整えよう

ブログにツイッターを埋め込みするメリット・デメリットまとめ

ブログにツイッターを埋め込みするメリット・デメリットまとめ
かんすけ
かんすけ
まずはブログに自分のツイートを埋め込んでみます!
アフィラ
アフィラ
サイドバーにタイムラインを埋め込むのもおすすめだぞ

本記事では、ブログにツイッターを埋め込む方法と、メリット・デメリットを解説してきました。

重要なポイントをおさらいすると下記のとおりです。

要約
  1. ブログにツイッターを埋め込むのは簡単!
  2. ツイートを埋め込むと良質な記事に仕上がる
  3. 著作権などには要注意

ブログとTwitterを繋げることで、ユーザーが相互に流入することも狙えます。

有効な連携を目指し、ブログへのツイッター埋め込みを利用していきましょう!

今すぐできる具体的TODO

「画像:ALT設定・JPG圧縮」
アフィラ
アフィラ
この記事を読んで今すぐできることだぞ!
具体的TODO
  1. ブログにバズったツイートを埋め込む
  2. 自分のタイムラインをブログに貼り付ける
  3. Twitterアカウントも伸ばしていく

アフィラの小言

「画像:ALT設定・JPG圧縮」
アフィラ
アフィラ
Twitter×ブログでブーストするのが正解

Twitterはフロー型の情報発信メディアで、リアルタイムかつ反応速度が速いのが特徴です。

一方、ブログはストック型の情報発信メディアで、少し時間がかかるが、1度書いた記事がその後ずっとコンテンツとして残るのがポイント。

 

どちらも一長一短だが組み合わせることで弱点を補強し、とんでもないシナジーを生むことができる。

掛け合わせることがこれからのブログで基本戦略となるので、シナジーを作ってブログ・Twitterの両方を伸ばしていくといいですよ!

あわせて読みたい
Twitterフォロワーを増やすコツ33個【無駄な努力を辞めろ】Twitterフォロワーを増やすコツがわからなくて悩んでいませんか? 本記事では、フォロワー数2.8万の私がTwitterのフォロワー数を増やす33のコツを一挙紹介します。 フォロワーの増やしたい方は必見です。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。