アフィリエイト

アフィリエイトで物が売れる仕組みとは?購買心理プロセスを徹底解説

かんすけ
かんすけ
商品が全く売れません・・
アフィラ
アフィラ
どうやって売るつもり?
かんすけ
かんすけ
ゲーム攻略記事でPV集めて、ページ下部にAmazonでお菓子のリンクを・・
アフィラ
アフィラ
喝ー!そんな適当で売れるわけない!まずは物が売れる仕組みから勉強しろ

こんな悩みをもったあなた向けの記事

悩み
悩み
アフィリンクの発生がずーっと0で辛い
悩み
悩み
物が売れる仕組みがわからない
悩み
悩み
ブログで稼ぐ仕組みがわからない

この記事では、上記のような悩みをもつあなた向けに、アフィリエイトで物が売れる仕組みについて書いてあります。

本記事の内容
  1. アフィリエイトで物が売れる仕組み
  2. 購買までの心理プロセス
  3. 物が売れる記事を書くコツ

今回の記事を読めば、アフィリエイトで物が売れる仕組みを理解することが出来ます

そして、自分のサイトで仕組みを取り入れることで成約率がアップさせることができます。

アフィリエイト歴4年の私が今までの経験をもとに、アフィリエイトリンクで成約を獲る仕組みについて解説します

アフィラ
アフィラ
物が売れる仕組みの本質を知ろう

アフィリエイトで物が売れる仕組みとは?購買までの心理プロセスを徹底解説

アフィリエイトで物が売れる仕組みとは?購買までの心理プロセスを徹底解説
かんすけ
かんすけ
どうしたら売上が上がりますか?
アフィラ
アフィラ
まずは人がモノを買う心理プロセスを学ぼう
アフィリエイトで物が売れる仕組みとは?購買までの心理プロセスを徹底解説

人が商品を購入するまでの心理プロセスがこちらです。

(一般にパーチェスファネルと呼ばれるもので、AIDMAモデルの発展形としたマーケティングの考え方)

何故、心理プロセスを理解するのが大事なのか?

それは、どんな人でもこのプロセスの通りにモノを買う(アフィリエイトリンクを押す)からです。

 

アフィリエイトリンクを押す段階というのは、最下段の赤の部分(ボタンクリック≒購入)。

つまり、アフィリエイトリンクが出てくるまでに、上の4つの段階を読者が体験している必要があります。

かんすけ
かんすけ
なるほど、いきなり購入させようとしてるから無理なんですか・・
アフィラ
アフィラ
そういうことだ。順を追って商品の価値を読者に気づいてもらう記事を書こう

アフィリエイトで物が売れる記事の書き方(コツ)

アフィリエイトで物が売れる仕組みとは?購買までの心理プロセスを徹底解説
かんすけ
かんすけ
どうすればモノが売れる記事が書けますか?
アフィラ
アフィラ
購買プロセスを順に示していくのがコツ

アフィリエイトで物が売れる記事の書き方ですが、購買プロセスどおりに上から順に示していくのがコツです。

カメラを例に挙げて解説していきます。

購買プロセス①:認知

アフィラ
アフィラ
読者に気づきを与える段階

まずは商品やその分野について知ってもらう段階だ。課題提起等もこのステージ。

カメラの例だと「11月にオリンパスから新型カメラが発売される」という気づきを与える等です。

また、一眼カメラというモノがある、やカメラを趣味としている若者が増えているなど、商品に関連する知識を広く提供することです。

購買プロセス②:興味

アフィラ
アフィラ
商品に興味を持ってもらう段階

次に個別の商品やサービスに興味を持ってもらうために、イチオシのメリットをお伝えするのがポイントです。その商品の何が凄いのか?、それを買ったらどんな楽しいことが待っているのか?(ベネフィット訴求)を伝えていきます。

カメラの場合、このカメラはコンパクトで軽量化20代の女性でも楽々持ち運びができます。ちょっとしたお出かけにも持っていける一眼カメラって素敵ですよね。

のような感じでしょうか。

購買プロセス③:理解

アフィラ
アフィラ
更に商品を掘り下げていく段階

続いて商品の凄さをより深堀していきます。

一番のおすすめポイント以外のメリット(他のモデルに比べて安い)や、何故それができるのか?といった理由を紹介します。

カメラの場合、今までのモデルより安価でコスパが良い。充電が早い。

〇〇機能がついているなどです。

購買プロセス④:検討・比較

アフィラ
アフィラ
どこで買うか?本当に買っていいか?を検討する段階

「③までのプロセスで商品の良さは理解できた」という段階です。そこで、本当に購入していいものなのか?どこで買うのが安いのか?を検討するのがほぼ最終段階です。

皆さんが商品を何か買う時のことをイメージしてください。モノを買う時って、口コミとかレビューを確認したりしませんか?価格.comで最安値を調べたりしませんか?

その段階がここです。アフィリエイトで自分のサイトから物を売ろうとするなら、この検討・比較をブロガーが行い、その検討結果を記事内でまとめておくべきです。

これがない場合、読者はここで離脱してググって自分で調べるため、自分のサイトからは売上が上がりません。

<本当は教えたくないマジで稼げるテクニック>

この段階って、ググって調べる人が多いのはイメージできますよね?

その検索キーワードってなんでしょうか?

「商品名+口コミ」、「商品名+レビュー」、「商品名+最安値」、「商品名+比較」などの2語キーワードじゃないでしょうか。

 

つまり、そのキーワードで検索してくるユーザーというのは①~③までの購買プロセスを他のサイトを読んだりして終えているユーザーなんです。

なので上記キーワードで上位がとれれば、④の段階のユーザーばかり集まるので購買までが近く、必然的に売れやすいということになります。

 

狡猾なアフィリエイターはこれらの“購買までの距離が近いキーワード”ばかりを狙ってSEO対策記事を書いて稼いでいます。

自分のサイトで①~③までやって、④をやらないのはかなり損しているので注意しましょう。

購買プロセス➄:購入

アフィラ
アフィラ
購入の意思決定をした段階

後はアフィリエイトボタンをクリックしてもらい、購入の確定をしてもらうだけ・・

と油断してはいけません!

 

購入する意思を固めたユーザーが、ボタンを探す手間がかからないようにわかりやすくボタンを設置する必要があります。

また、ボタンをクリックされやすい色にする等の一工夫をする事で、確実にアフィリエイト収益に繋げることができます。

その他、アフィリエイトの場合はボタンで飛んだ先の企業LPの質が低いと、購入に繋がらない・・なんてこともあるので注意(これは案件選びの時に気にすることですが・・)

購買プロセスの順に沿って記事を書いていく

アフィリエイトで物が売れる仕組みは購買までの5段階の心理プロセス

アフィリエイトで物が売れる仕組みとは?購買までの心理プロセスを徹底解説

「アフィリエイトで物が売れる仕組み」ですが、購買までの5段階の心理プロセスに従います。

つまり、サイトで物を売るならこの5段階を備えた記事やサイト設計が必要です。

アフィリエイトで物が売れる仕組み
  1. 購買までの5段階の心理プロセスで決まる
  2. 全てのプロセスを網羅した記事を書く
  3. 取りこぼしがあると損失がハンパない

アフィラの小言

アフィラ
アフィラ
実はかなり奥が深い話

このアフィリエイトで物が売れる購買プロセス(パーチェスファネル)はかなり深い話です。

今回はレビュー記事などで売ることをイメージした場合、この5つに沿って書くのがまずは大事ということでまとめました。

しかし、もっとおおきな視点でサイト全体で購買プロセスを網羅し、内部リンクで誘導する方法もあります。

ヒントを出すと、

20代男性若者が注目している趣味10選まとめ」でPV稼いで①認知させ、その個別の趣味の面白さを語る記事で②興味をもたせ、その趣味に参加するためのサービスを紹介する記事で③理解させ、サービスを実際に使ってみた体験レビュー+ネットの口コミ・他サービスの比較をまとめた記事で④・➄のような・・喋りすぎたかもしれないですね(流石にココ消すかもしれません・・)

 

マーケティング理論は使い方次第で何倍も稼げるようになる、アフィリエイトの基本中の基本ですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。