ブログ

ブログ書き方のコツ15個を5年目ブロガーが解説【執筆スピードUP】

かんすけ
かんすけ
ブログの書き方のコツが知りたいんです
アフィラ
アフィラ
まあ最初は分からないよな
かんすけ
かんすけ
とりあえず自己流で書いてみます
アフィラ
アフィラ
喝ぁーっ!きちんと勉強してスピードアップした方がいいぞ

こんな悩みをもったあなた向けの記事

悩み
悩み
ブログの書き方のコツが知りたい
悩み
悩み
ブログの書き方の手順がよく分からない
悩み
悩み
ブログが速くかけるコツも知りたい

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  1. ブログの書き方のコツ15個を解説
  2. ブログの書き方ロードマップを紹介
  3. ブログが速くかけるコツ3個を解説

本記事ではブログの書き方のコツを紹介。

読み終えれば、ブログの書き方が分かり、より質の良い記事を速く書けるようになります。

 

5年目ブロガーでブログ飯を達成した私が、書き方のコツを惜しみなく紹介していきます。

【 執筆者紹介 】
・アフィラ@5年目ブロガー
・ブログ飯で独立したフリーランサー
Twitterフォロワー数:33,000名以上

アフィラ
アフィラ
この記事を読んでくれた人の感想だ

<記事を読んでくれた方の感想を追加する予定です。>

ブログ書き方のコツ15個を5年目ブロガーが解説【執筆スピードUPの方法】

ブログ書き方のコツ15個を5年目ブロガーが解説【執筆スピードUPの方法】

かんすけ
かんすけ
ブログの書き方のコツを教えてください
アフィラ
アフィラ
大切なのは読者目線で書くことだぞ

読者数の多いブログには、共通する書き方のコツがあります。

そんな最低限は知っておきたいコツについて深掘りしていきますね。

 

ブログの書き方のコツ15個
  1. 想定読者(ペルソナ)が役に立つ記事を書く
  2. 記事は読まれないことを前提で書く
  3. 書く記事でのゴールアクションを決める
  4. 検索キーワードを意識する
  5. ライバルサイト5位までチェックする
  6. 魅力的でクリックしたくなるタイトルを
  7. 書き出す前に記事の設計をする
  8. 読者の顕在ニーズを解決できる記事を書く
  9. 読者の潜在ニーズを解決する記事を書く
  10. 本文にもSEOキーワードを積極的に入れる
  11. 記事タイトルと本文にズレが無いように書く
  12. 文章構成はPREP法をベースに書く
  13. 漢字・ひらがな・カタカナをバランスよく使う
  14. 同じ語尾を連続させないようにする
  15. 1文は短く、長くなる場合は「。」で2文に分ける

 

読まれるブログを書きたいなら必ず押さえておこう

①想定読者(ペルソナ)が役に立つ記事を書く

①想定読者(ペルソナ)が役に立つ記事を書く
かんすけ
かんすけ
ペルソナってなんですか?
アフィラ
アフィラ
簡単に言うと記事を読んでもらいたいひとだな

ブログの書き方のコツひとつ目は、想定読者が役に立つ情報を書く意識をもつことです。

細かく設定しておくと、記事の語り口にも統一感が出て、より良いブログにできます。

 

あえて断言しますが、万人にウケる記事というものはありません。

読者をしぼって発信することで、他のひとにはウケないかもしれないが、特定の人に深く刺さる記事がかけるのです。

設定しておきたいペルソナの特徴
  1. 氏名
  2. 年齢
  3. 性別
  4. 職業
  5. 家族構成
  6. 所得
  7. 役職
  8. 趣味
  9. 住んでいる地域
  10. 価値観
  11. ライフスタイル
  12. 今抱えている悩み

細かく設定したペルソナに届ける意識をもてば、近い境遇の人達に刺さる記事になりやすいのです。

 

ペルソナ設定の詳しい方法は、[ブログにおけるペルソナの作り方]の記事で詳しく解説しています。

今抱えている悩みを解決する記事を書くと良い

②記事は読まれないことを前提で書く

②記事は読まれないことを前提で書く
かんすけ
かんすけ
記事を読みに来るのに読まれないんですか?
アフィラ
アフィラ
読者もヒマじゃないってことだ

ブログの書き方のコツふたつ目は、記事が読まれないことを前提で書くこと。

検索してブログを読みに来るひとたちは、抱えている悩みをサクッと解決したいのです。

 

つまり、せっかく記事に目がとまって読み始めても、以下のようなページだと判断したらすぐ離脱してしまうのです。

読者が離脱する時の例
  1. 読みにくい
  2. ページの表示が遅い
  3. 必要な情報が書いてない
  4. 必要な情報がどこにあるか分からない

大事なのは悩みを解決したうえで、ついつい読み進めてしまう文章構成にするといいですよ!

 

アフィラ
アフィラ
読むつもりはないけど、ついつい読み進めてしまうことはある

離脱例の逆の記事だとついつい読んでしまう良い記事になる

③書く記事でのゴールアクションを決める

③書く記事でのゴールアクションを決める
かんすけ
かんすけ
ゴールアクションってなんですか?
アフィラ
アフィラ
読みきってくれた人にしてもらう次の行動

ブログの書き方のコツ3つ目は、ゴールアクションを設定することです。

出来ていない記事も多くみかけますが、SEO対策でとても大事なことなんですよね。

 

記事を読んだ後にどんな行動をすればいいのかを明示し、導線を繋ぐことです。

 

たとえば「若ハゲ 隠したい」なんて検索した人に向けて、カツラでハゲを隠せる記事を書いたとします。

ハゲで悩んでいるなら、隠しながら髪は生やしたいと思っているハズ。

そこで育毛剤のランキング記事も書いて、記事の最後に「髪を生やしたい方におすすめの育毛剤ランキング」などの内部リンクを貼るんです。

 

こうやって「記事で悩み解決」⇒「次に繋がる行動の提示」でゴールアクションを設定すると、読者満足度がより高くなりますよ!

読者の悩みを解決し具体的な行動に繋げる

④検索キーワードを選定する

④検索キーワードを選定する

かんすけ
かんすけ
検索キーワードを選定するんですか?
アフィラ
アフィラ
読まれる記事にしたいなら必ずしよう

ブログが読まれるようになる書き方のコツの中でも、特に大事なのがこの検索キーワードを選定することです。

 

キーワードの選定方法
  1. キーワード仮設定
  2. ツールで月間ボリュームを確認
  3. ライバルサイトの調査
  4. キーワードの検索意図を考える
  5. 解決できそうなら記事を書く

その選定したキーワードが記事の本幹を決めます。

 

キーワード選定の具体的な方法は、[アフィリエイトキーワードの選び方3ステップ]で解説しています。

想定したキーワードで検索した時に、上位表示されることが大事

⑤ライバルサイト5位までチェックする

⑤ライバルサイト5位までチェックする
かんすけ
かんすけ
ライバルサイトってなんですか?
アフィラ
アフィラ
狙ったキーワードで上位表示されているサイトのことだ

ブログの書き方のコツ5つ目は、ライバルサイトのチェックをすることです。

狙ったキーワードで上位に表示されているサイトは、現在のアルゴリズムにおいての答えのようなものです。

 

✅ライバルサイトのチェック項目
①記事タイトル
②メタディスクリプション
③見出し
④想定される悩み
➄ベネフィット
⑥内部リンクページ

 

 

それらを上回る記事を書いて、1位を取ることがSEO対策の最大の目的とも言えますね。

1~5位になっているどの記事よりも良記事になることを目標に執筆するとよい

⑥魅力的でクリックしたくなるタイトルを付ける

⑥魅力的でクリックしたくなるタイトルを付ける
かんすけ
かんすけ
タイトルも大事なんですか?
アフィラ
アフィラ
タイトルでクリックされる事が決まるといっても過言じゃないぞ

ブログの書き方のコツ6つ目は、魅力的なタイトルをつけることです。

検索した時に上位に表示されても、タイトルが悪いとスルーされてしまうことも!

 

タイトルの付け方
  1. 28~40文字
  2. 差別化を狙う
  3. 左寄せでSEOキーワード含む

 

 

 

魅力的なタイトルにする方法は、[ブログ記事タイトルの付け方のコツ10個]の記事に詳しくまとめてありますのでそちらをどうぞ。

ブログの記事タイトルは記事の顔なのでとても重要

⑦書き出す前に記事の設計をする

⑦書き出す前に記事の設計をする
かんすけ
かんすけ
いきなり書き始めてはダメなんですか?
アフィラ
アフィラ
初心者がいきなり書き始めると文脈がくずれたりするからおすすめしないぞ

ブログの書き方のコツ7つ目は、いきなり本文を書き始めないこと。

初心者がやりがちだけど、初心者こそ書き始める前に設計した方がいいです。

 

書き始める前の記事設計
  1. キーワードを選定
  2. ライバルサイトのチェック
  3. ペルソナ設定
  4. タイトルを決める
  5. タイトルに基づいて要点を列挙する
  6. 要点を見出しにする
  7. 見出しの中身を書いていく

 

慣れるまでは最低限、この工程は経てブログを書き始めた方がいい。

そうすることで、記事に一本の芯が通りブレない記事が書けるようになりますよ。

1記事で1つの事を伝える意識をもつ

⑧読者の顕在ニーズを解決できる記事を書く

⑧読者の顕在ニーズを解決できる記事を書く
かんすけ
かんすけ
顕在ニーズって何ですか?
アフィラ
アフィラ
検索したキーワードから見て取れるニーズのことだぞ

ブログの書き方のコツ8つ目は、読者の顕在ニーズを解決するための記事を心がけることです。

読者が検索で入れたキーワードについて、その悩みを解決するように記事を書いていきます。

⑧読者の顕在ニーズを解決できる記事を書く

 

たとえば、「ダイエット 痩せない」と検索した人は、「ダイエットをしても痩せないのはなぜなんだろう?」という悩みが想定できますね。

これをまずは速攻で解決する記事を書くのが、SEOライティングの記事です。

検索キーワードを意識して書くということ大切

⑨読者の潜在ニーズを解決する記事を書く

⑨読者の潜在ニーズを解決する記事を書く
かんすけ
かんすけ
さっきと似てますけど、潜在ニーズって何ですか?
アフィラ
アフィラ
ざっくり言うと読者の本当の悩みのことだぞ

ブログの書き方のコツ9つ目は、読者の潜在ニーズまで意識して記事を書くことです。

狙いのキーワードで検索した人が、本当に何を望んでいるのか考えましょう。

読者の潜在ニーズを解決する記事を書く

 

たとえば、「ダイエット 痩せない」で検索した人の潜在ニーズまで意識すると、「痩せてモテたい」というニーズも読めますよね。

読者は無意識かもしれないけど、内心思っているであろうニーズの解決策も書く。

 

そうすることで「この人のブログを読めば解決する」といった感想の出る、信頼性の高いブログに仕上げることが出来ますよ。

あくまでも読者目線で書くこと

⑩本文にもSEOキーワードを積極的に入れる

⑩本文にもSEOキーワードを積極的に入れる
かんすけ
かんすけ
キーワードって本文にも入れた方がいいんですか?
アフィラ
アフィラ
そうすることでSEOにも効果があるぞ

10個目のブログの書き方のコツですが、キーワードを本文にも含めるってことです。

タイトルや見出しにいれるのと同様に、本文でも文章が自然になるのであれば積極的に使った方がいいです。

そもそも本文がキーワードと一致しているならば、多く出てくるのが自然です。

キーワードを入れるべき部分なのに「入っていない」、「違う言い回しになっている」箇所がないかチェックしましょう。

見出しごとに積極的にキーワードを入れるくらいで丁度いい

⑪記事タイトルと本文にズレが無いように書く

⑪記事タイトルと本文にズレが無いように書く
かんすけ
かんすけ
なんか書いているうちにタイトルとずれていくんですよね
アフィラ
アフィラ
そういう時は見出しをキチンと決めて書き始めるといいぞ

ブログで本文と記事タイトルがズレない書き方のコツは、見出しを初めに決めておくことです。

 

そしてその見出しを主軸にして記事を書くことで、結果的にタイトルに沿った本文にすることができますよ。

タイトルとしっかりマッチしている見出しにしよう

⑫文章構成はPREP法をベースに書く

⑫文章構成はPREP法をベースに書く
かんすけ
かんすけ
PREP法ってなんですか?
アフィラ
アフィラ
ブログと相性のいい文章の構成方法のひとつだぞ

ブログの書き方のコツ12個目は、PREP法で書くことです。

離脱率の高いブログには、このPREP法で書く方法がとても相性がいいですよ。

 

PREP法とは、ビジネスシーンなどでよく用いられる文章構成のひとつで、以下のような構成のことをいいます。

PREP法とは
  1. P=Point(導入結論)
  2. R=Reason(理由)
  3. E=Example(具体的解説)
  4. P=Point(最終結論)

特徴的なのは、文章の導入部分でいきなり結論を言ってしまうところです。

 

ブログは気に入らなければすぐにブラウザバックし、別のブログを読みに行ってしまいます。

そうならないよう、結論はとっとと言った方が吉。

迷ったらPREP法を意識して書くようにしよう

⑬漢字・ひらがな・カタカナをバランスよく使う

⑬漢字・ひらがな・カタカナをバランスよく使う
かんすけ
かんすけ
バランスよくと言われても難しいですね…
アフィラ
アフィラ
まずは漢字を不自然にならない程度に減らすことだな

離脱率のたかいブログを読みやすくするための書き方のコツとして、漢字を少なめにしてバランスを意識することが重要です。

 

以下の文章を見てください。

例えば貴方はこの様な文章をどう感じますか。読み易い?或いは読み難い?殆どの場面で、漢字は少な目がお勧めです。但し、漢字を全く無くしてはいけません。

これだと、文章が固く読みづらい印象をうけますよね。

 

これをちょっとスッキリさせてみます。

たとえば、あなたはこんな文章をどう感じますか。

・読みやすいですか?
・読みにくいですか?

多くの場面で漢字は少なめがおすすめです。ただし、漢字をまったく無くすのはNGですが。

このように、違和感なく読める単語は「ひらがな」を使った方がいいです。

 

離脱率の高いブログでは、パッと見の印象が柔らかく読みやすそうな文章であることが、最後まで読んで貰う秘訣だったりします。

離脱されるポイントを少しでもなくす意識が大事

⑭同じ語尾を連続させないようにする

⑭同じ語尾を連続させないようにする

かんすけ
かんすけ
同じ語尾を連続させてはいけないんですか?
アフィラ
アフィラ
単調に感じるからあまりよくないな

ブログの書き方のコツ14個目は、同じ語尾を連続させないことです。

理由は単調に感じてしまうからです。

例えばこのように「です。」で終わる文章の連続です。

 

どうでしょうか?なんだか違和感がありませんか?

同じ文末表現を繰り返すと違和感を感じる人は多いので、極力バラシタ方がいいです。

 

ブログを書き終えたら必ずチェックを行い、同じ語尾が連続していたら修正しましょう!

音読して文末が同じでないか確認

⑮1文は短く、長くなる場合は「。」で2文に分ける

⑮1文は短く、長くなる場合は「。」で2文に分ける
かんすけ
かんすけ
1文の長さも気にするべきなんですか?
アフィラ
アフィラ
読みにくい文章になる可能性は全て消そう

ブログの書き方のコツ最後のひとつは、1文を短くすることです。

 

1文が長ったらしくなると、読者にとって読みづらく、理解しにくくなるため、離脱率をあげてしまいかねないので、長くなりそうなときは、箇条書きにしたり、2文に分けて短くすることで、読者の離脱を回避しよう。

かなり分かりづらいですよね。

でもこういった文章は、初心者のブログでは決して珍しいものでもありません。

 

以下の様にするとスッキリしますよ。

1文が長ったらしくなると、以下の理由から、離脱率が上がります。

・読みづらい
・理解しにくい

箇条書きや2文にして短くして、離脱を回避しましょう。

こんな感じで、不要な言い回しを削るか二文に分けるといいですよ。

文章は短くシンプルに書く意識をもとう

より速くブログ記事を書く為のコツ3個【スピードUP術】

より速くブログ記事を書く為のコツ3個【スピードUP術】
かんすけ
かんすけ
ブログ記事を速く書くためのコツってあるんですか?
アフィラ
アフィラ
テンプレを作って環境を整えることだな

より速いブログの書き方のコツを3個紹介します。

ブログ記事を速く書く3個のコツ
  1. ブログ記事テンプレートを用意
  2. 作業環境を整えて集中する
  3. 記事を書きまくって慣れる

ブログ収益を増やすには、記事を書くスピードを上げるのも1つ。

記事数を増やすために速く書けるようになろう

ブログ記事テンプレートを用意

ブログ記事テンプレートを用意
かんすけ
かんすけ
テンプレートを作ること自体が時間かかりますよね…
アフィラ
アフィラ
喝ぁーっ!後のことを考えたら絶対つくるべきだ

より速いブログの書き方のコツは、記事テンプレートを用意しておくこと

テンプレートを用意すれば、それに当てはめて書くだけなので執筆速度は格段にあがります。

 

それだけでなく、同じ型にはめることでブログ全体の統一感も出せるようになるのです。

テンプレート作成はじっくり時間をかけるだけの価値がある

作業環境を整えて集中する

作業環境を整えて集中する
かんすけ
かんすけ
作業環境って何を意識して作ればいいですかね?
アフィラ
アフィラ
とにかく自分が集中できることが一番だ

2つ目のより速いブログの書き方のコツは、作業環境を整えることです。

同じ時間の作業をしても、集中できたときとそうでない時では雲泥の差があります。

集中するためのおすすめ環境
  1. スマホを遠くに投げ捨てる
  2. ポモドーロテクニックを使う
  3. 作業について時間割りを立てる
  4. シングルタスクフォーカスする

記事を書く為だけに集中する環境が作れれば、自然とスピードは上がりますよ!

ポモドーロテクニックとは「25分集中作業⇒5分休憩」を繰り返すテクニックの事

記事を書きまくって慣れる

記事を書きまくって慣れる
かんすけ
かんすけ
結局そこに行き着くんですね
アフィラ
アフィラ
単純だが継続することが一番だな

最後のより速いブログの書き方のコツは、記事をとにかく書きまくって慣れることです。

結局のところ継続して慣れてくると、書くスピードも速くなってきます。

 

自分に合ったやり方を模索しながら、ブログを書くこと自体になれていきましょう。

とにかく記事を書くスピードを上げる意識をもつ

【完全ロードマップ】ブログ書き方のコツを活かす具体的解説

【完全ロードマップ】ブログ書き方のコツを活かす具体的解説
かんすけ
かんすけ
教えてもらった書き方をどう活かせばいいですか?
アフィラ
アフィラ
ロードマップを見て実践してみてくれ

ブログの書き方のコツについて紹介してきたので、実際にそれを使う手順を紹介します。

 

ブログの書きだし前の「準備編」と「本文の書き方」に分けて説明していきますね。

コツを自分のものにするためにも実践あるのみ

ブログ書きだし前の準備ロードマップ

ブログ書きだし前の準備ロードマップ
かんすけ
かんすけ
まずは準備編ですね
アフィラ
アフィラ
準備編もかなり大事だからな

それではブログの書き方のコツ「準備編」のロードマップです。

 

書き方のコツ「準備編」ロードマップ
  1. キーワード選定
  2. ライバルチェック
  3. ペルソナ設定
  4. 顕在ニーズの考察
  5. 潜在ニーズの考察
  6. ニーズの解決案を決定
  7. ゴールアクションを決める

それぞれ詳しい説明は前述したもの確認して下さい!

ペルソナ設定は年齢などは同じでも、記事毎に悩みが変わる

ブログ本文の書き方ロードマップ

ブログ本文の書き方ロードマップ
かんすけ
かんすけ
いよいよ本文の書き方手順ですね
アフィラ
アフィラ
ここのやり方を自分流にアレンジしていくんだぞ

ブログの書き方のコツを実践するためのロードマップです。

 

ブログ記事の書き方ロードマップ
  1. タイトルを設定
  2. 見出し案を書きだす
  3. 見出しを並べ替える
  4. 見出しごとにずれないように本文を書く
  5. アイキャッチ画像を入れる
  6. PC・スマホでプレビュー確認

「記事タイトル」⇒「見出し案」⇒「各見出しの内容」⇒「画像・文字装飾」⇒「全体確認」の手順で進めていけばOKです。

最近のブログはスマホ読者が多いので必ずスマホでもチェックしておこう

ブログ書き方のコツ15個を5年目ブロガーが解説まとめ

ブログ書き方のコツ15個を5年目ブロガーが解説まとめ
かんすけ
かんすけ
なんだか早くブログが書きたくなりました
アフィラ
アフィラ
それはいいな!ぜひ一度手順どおりしてみてくれ

本記事では、ブログの書き方のコツ15個+αとロードマップ紹介してきました。

重要なポイントをおさらいすると下記のとおりです。

ブログの書き方のコツ
  1. 書き方のコツの根幹は読者目線であること
  2. 記事を速く書くために準備に力をいれる
  3. 読まれないことを前提として離脱率をさげる

 

今すぐできる具体的TODO

「画像:ALT設定・JPG圧縮」
アフィラ
アフィラ
この記事を読んで今すぐできることだぞ!
具体的TODO
  1. キーワード選定をする
  2. ライバルチェックをしてみる
  3. 書き方のコツをチェックしながら執筆

ブログに何を書けばいいか分からない方は、[ブログに何書く?]の記事にヒントがまとめてあります。

読んでおくと更にブログが書きやすくなりますよ!

アフィラの小言

「画像:ALT設定・JPG圧縮」
アフィラ
アフィラ
読者目線で何度も書く意識が必要

ブログの書き方は何度もテンプレ―ト・コツを復習し、活用することで慣れてきます。

最初は文章を思い浮かべるのも難しいと思いますが、徐々にスピードが上がってくるものです。

 

まずは結果を出している人の書き方をマネしつつ、数をこなすことで自分なりの書き方が見つかります。

鍛錬をしっかり積んで、読まれる記事をハイスピードで作成できるのを目指して行きましょう!

 

あわせて読みたい
ブログに何書く?最初の記事の書き方を知らないのはヤバイ【初心者必見】ブログに何書くべきかわからなくて悩んでいませんか? 本記事では、ブログに書くべき内容から記事の書き方テンプレート5個までを紹介します。 稼ぐブログに何を書くべきか知りたい初心者ブロガーは必見です。...
ABOUT ME
アフィラ
アフィラ
ブログ飯で独立 | ブロガー歴5年 | 最高ブログ月収100万超え | Twitter35,000フォロワー | 100名以上在籍のオンラインスクールを運営 | noteは10,000スキ・20万PV超え | 本気で稼いで人生を変えたい方に向けて発信中! | 仕事依頼は[お問い合わせ]からお願いします。 | より詳しい情報は、[詳細プロフィ―ル]をどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。