\フォロワー増やしたい人必見/

ブログ

読まれるブログライティングのコツ21個【99%の初心者が出来てない】

2020年8月15日

ライティングのコツがわからない…
かんすけ
アフィラ
まあ慣れないとわからないよな。
慣れる為にもとりあえず記事を書くかな。
かんすけ
アフィラ
喝ぁーっ! まずはライティングのコツを知るんだ!
  • ライティングのコツがわからない
  • 書いたけどこれが正しいのかわからない
  • 読まれる文章の書き方がわからない

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  1. 読まれるブログライティングのコツ21個
  2. ブログライティングはSEOを意識する
  3. ライティングの型に則れば読まれる記事になる

本記事では「読まれるブログライティングのコツ21個」を紹介。

読み終えれば、ライティングのコツを知って、読まれる記事を書けるようになります。

 

執筆者紹介

アフィラ(@afilasite)

5年目ブロガーの私が、ブログライティングのコツについて書いていきますね!

目次

読まれるブログライティングのコツとは?【無数の技術がある。】

読まれるブログライティングのコツとは?【無数の技術がある。】

ブログライティングにコツなんてあるんですか?
かんすけ
アフィラ
ライティングには無数のコツが存在するぞ

読まれるブログには必ずと言っていいほど、ライティングのコツが使われています。

ライティングのコツを巧く使っている記事ほど読まれるし、そこから収益が発生しています。

 

実際、私の記事はも下記の画像のとおり、長時間読まれています。

平均ページ滞在時間3~5分と長い

 

平均ページ滞在時間が長いってことは、ユーザーがそのコンテンツに興味をもっているということ。

当然、Google先生からの評価も高くなり、検索順位も上昇します。

 

ライティングのコツを知って、読者に読まれる記事を量産しましょう!

 

そもそもブログライティングとは

そもそもブログライティングとは

そもそもブログライティングってなんですか?
かんすけ
アフィラ
ブログを読まれるようにするための文章術だ!

ブログライティングとは、ブログを読まれるようにするための記事の書き方のこと。

✅ブログライティングの特徴
・わかりやすい表現で書く
・スマホユーザーを意識する
・SEO対策を考えて書く

 

このように書籍や小説、小論文といったものとは書き方が異なります。

ブログを書くなら、"ブログで"読まれやすい文章とは何かを理解しておいた方が良いですよ!

 

読まれるブログライティングのコツ21個

読まれるブログライティングのコツ21個

ブログライティングのコツを教えて下さい!
かんすけ
アフィラ
21個紹介するぞ!

ブログライティングのコツは無数にあります。

本記事では5年目ブロガーの私使っている、ライティングのコツを紹介します!

 

  1. 1行ごとに改行しよう
  2. 一文に「、」は1~3個にする
  3. 一文で1メッセージのルールを守る
  4. 余計な単語を徹底的に削って一文は短くしよう
  5. 三文以上続く時は、何かしらの場面転換をしよう
  6. 一つの見出しで、最大で6文までととしよう
  7. 「主語と述語の距離」を近づけよう
  8. 「まったく」「たとえば」「ただし」「さっそく」はひらがなで表現しよう
  9. 「感情表現」を大切にしよう
  10. 回りくどい表現はNG!
  11. <体験談>は具体例の部分で入れよう
  12. 想像力を掻き立てる文章を書こう
  13. 読者が読みたい言葉を使う
  14. リズミカルな文章を心がける
  15. 漢字五文字以上はNG
  16. 箇条書きを積極的に使う
  17. 中学生でもわかる言葉を使う
  18. 引用を活用して説得力UP
  19. 文末表現を切り替える
  20. たとえ話を入れる
  21. 図解を入れてわかりやすくする

 

1行ごとに改行しよう

1行ごとに改行しよう

1行毎に改行するんですか?
かんすけ
アフィラ
1行毎に改行を入れたほうが見やすい

ブログの文章は、1行ごとに改行したほうが読まれやすいです。

その理由は、スマホで読むユーザーが7割以上いるから。

 

なので「。」がつくたびに改行するべきですし、必要に応じて空白の1行で見やすさをUPさせると良いですよ!

 

一文に「、」は1~3個にする

一文に「、」は1~3個にする

「、」はいっぱいつけてもいいの?
かんすけ
アフィラ
「、」は1~3個までにしよう

ブログでは一文のなかに「、」は1~3個にしたほうがいいです。

「、」(読点)を使用する際のルールは次の3つ。

  1. 一文に「、」は1~3個
  2. 10~20文字前後で区切る
  3. 意味を切る時に使う

この3つのルールを活用した具体例はこんな感じです。

✖:今日は大阪に旅行に行った際に大学時代の友人と会って飲みながら昔話をした(35文字)
〇:今日は大阪に旅行に行った際に、大学時代の友人と会って、飲みながら昔話をした(35文字)

○の方が読みやすさが段違いですよね。

 

読点を使う時には、この3つの読点ルールを意識して使えば各段に読みやすくなります。

 

一文で1メッセージのルールを守る

一文で1メッセージのルールを守る

1文で1つのメッセージ?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ!

1文で1メッセージは、ブログで文章を書く際の基本中の基本!

何故なら、2メッセージ以上を含む文章は読者が混乱するからです。

 

読みにくい例はこんな感じです。

✖:副業ブロガーにとって大変なのは、仕事終わりに時間が取れないことであり、それが原因でブログを3カ月以内に辞める人が続出、つまり継続できる人が強く圧倒的に稼げるので、本記事ではそれを深堀します。

 

 

これ読んだ感想は「結局何が言いたいの?」となってしまいます。

 

これを「1文で1メッセージ」に修正すると、次のようになります。

〇:副業ブロガーが最も辛いのは、"仕事終わりにブログ書く時間が無い"ことですよね。実はコレが原因で、3カ月以内に辞める人が続出…。つまり副業ブロガーとして成功したいなら、①仕事終わりにブログ書く時間を確保する、②その手法で3カ月継続するこれが出来れば、稼げるようになります!本記事では、21時帰宅の副業ブロガーさんでも、「作業時間を確保できる3つの方法」を解説します!

  1. 副業ブロガーはブログ書く時間無いのが辛い
  2. これが原因で3カ月以内に辞める人が多い
  3. 対策法は①,②
  4. 本記事では作業時間を確保する方法を解説

このように「1文ごとに伝えたいメッセージ」を明確にすることで、読みやすくて意味の通じ合う文章が出来上がります。

文章が1文1メッセージになってるかを、意識しながら文章を書きましょう!

 

余計な単語を徹底的に削って一文は短くしよう

余計な単語を徹底的に削って一文は短くしよう

なぜ短くするんですか?
かんすけ
アフィラ
伝えたいことを絞るためだ

余計な単語は徹底的に削って、一文を出来るだけ短くするのが文章を読ませるコツです。

 

ダラダラ長い文章よりも、短く簡潔な文章の方が読みやすいですからね。

重複している単語や言い回しを省いて、短く端的に伝えましょう!

 

三文以上続く時は、何かしらの場面転換をしよう

三文以上続く時は、何かしらの場面転換をしよう

場面転換ですか?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ!

ブログで三文以上続く時は、出来るだけ場面転換を挟んで文章に抑揚をつけるべきです。

同じ意味の文章がだらだらと続くと、読者が飽きてしまう可能性が高いですから。

✅場面転換の例
・表
・画像
・引用文
・ボタン
・マーカー
・箇条書き
・見出し切替
・吹き出し会話
・ツイート埋め込み
・デザインボックス

 

このような場面転換を使って、単調なテキストからの脱却を目指しましょう。

飽きさせない工夫が出来れば、必然的に読者の滞在時間は長くなります。

 

一つの見出しで、最大で6文にする。

一つの見出しで、最大で6文にする。

なんで最大6文までですか?
かんすけ
アフィラ
長くなりすぎるの防止だ

「1つの見出しで最大で6文まで。」と基準を設けると、ブログ記事全体のバランスも良くなります。

一文がだいたい40~60文字前後だとすると、6文は最大400字以内。

400文字以上の文章は長すぎて、スマホで読む気が失せる人が多いので、この基準を設けてます。

 

このルールを守れば、見出し内の文章がだらだら長くなるのを防げるので実践してみて下さい!

 

「主語と述語の距離」を近づけよう

「主語と述語の距離」を近づけよう

主語と述語を近くするって?
かんすけ
アフィラ
パッと読んで理解しやすくする工夫

主語と述語の距離を近づけることで、「誰がどうした」を分かりやすく伝えられます。

✖:アフィラはフォロワーがブログで稼ぐには、ライティングのコツを覚える必要があると言っていたのを聞いた。

非常に読みにくい文章ですが、主語と述語の関係を要素分解すると次のようになります。

 

  • 主語①:アフィラは 
  • 述語①:聞いた
  • 主語②:フォロワーが
  • 述語②:言っていた

これでも伝りますが、「主語と述語」を近接させた方が読みやすさはグッとアップします。

 

〇:「ブログで稼ぐにはライティングのコツを覚える必要がある」と、フォロワーが言っていたのをアフィラは聞いた。

最初の文より全然わかりやすくなっていますよね、こういうことです!

 

「まったく」「たとえば」「ただし」「さっそく」はひらがなで表現しよう

「まったく」「たとえば」「ただし」「さっそく」はひらがなで表現しよう

なんでひらがななんですか?
かんすけ
アフィラ
ひらがなにした方が読みやすく感じる人が多いから

これらの接続詞はひらがなで表現した方が、良い場合多いです。

  • まったく
  • たとえば
  • ただし
  • さっそく

「漢字の語句を漢字の接続詞すると見づらい」という理由から、ひらがなで書くのが一般的です。

  1. 全く違う → まったく違う
  2. 例えば野球や、 → たとえば野球や
  3. 但し、予約販売のみ → ただし、予約販売のみ
  4. 早速使う → さっそく使う

このように漢字の語句と繋ぐ場合には、接続詞をひらがなにするのが読みやすくなります。

 

「感情表現」を大切にしよう

「感情表現」を大切にしよう

感情表現?
かんすけ
アフィラ
感情表現は文章の幅を広げるぞ!

感情表現を文章に用いると、読者の共感を得られやすく、文章の幅を広げられます。

なぜなら、人は「感情」で物事を決めてから行動を起こすからですね。

 

「感情表現」を意識したライティング例がこちら。

5年目ブロガーの私も、初心者の頃は全然収益が上がらず、挫折しようかと思いました…。マジで辛くて、絶望した毎日。。

でも、1冊のライティング本に出会ってから収益が上がるようになり、めっっっちゃブログ書くのが楽しくなったんですよねー!(後略)

このように、文章に感情表現を入れることで文章に幅が広がります。

 

回りくどい表現はNG!

回りくどい表現はNG!

回りくどい表現?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ

回りくどい表現はブログライティングにおいてNGです。

理由としては、文章の意図が読み取りづらく、読者に正確な意図が伝わらない可能性があるからですね。

✖:

ブログ記事を書く際には、ライティングのコツを覚える必要があると考えられています。

なぜならライティングのコツは記事を書こうとする時に便利で、ライティングのコツは必須と言えるでしょう。

逆に言えば、ライティングのコツを使用した文章は読みづらいと言うことになります。

 

 

ちょっと極端ですが、「ライティングのコツ」という語句が4回も登場していますね。

 

文の終わりの表現も断定するものではなくて「〜と言うことになります。」などの曖昧な表現が用いられています。

〇:記事を書く際には、ライティングのコツを覚える必要があります。

なぜなら、これを実践することができれば、読まれる記事を書くことが出来るからです。

 

このように文末表現を簡潔にして余計な単語を削ることで、回りくどい表現を避けることが出来ます。

 

具体的に回りくどい表現を避けるポイントを紹介しておきます。

  1. 文末表現を簡潔に
  2. 接続詞の多用を避ける
  3. 同じ言葉の繰り返しを避ける
  4. 1文の文字数を極力60文字以内に抑える

こんな感じです。

とにかく文章をシンプルにして、メッセージを簡潔に伝えましょう。

 

<体験談>は具体例の部分で入れよう

<体験談>は具体例の部分で入れよう

体験談をいれるって?
かんすけ
アフィラ
体験談を入れることで信用を獲得することが出来るぞ。

「体験談」は具体例を紹介する際に入れると、説得力が増します。

Amazonで物を買う時ってレビューを見ますよね?、それと同じで人の体験談は何より信用性があるのです。

 

読者からの信頼を掴むために、自分の体験談を主張の具体例として入れるのが有効ですよ!

 

想像力を掻き立てる文章を書こう

想像力を掻き立てる文章を書こう

想像力を掻き立てる?
かんすけ
アフィラ
文章が持つ特有の力。それは想像させる力だ!

読み手の想像力を掻き立てるようなライティングは、行動を促すことに繋げやすくなります。

想像してみて下さい。

この100万円するダイヤの指輪を渡した時、あなたの好きなあの人は、どんな顔をするでしょうか?

これが文章が持つ特有の魔力、想像させる力です。

「あなたの好きなあの人」というワードですが、読者によってその文章の意味が変わるのが特徴です。

 

読み手の想像力を刺激する文章が書けるようになれば、商品を売ることも容易くなります。

 

読者が読みたい言葉を使う

読者が読みたい言葉を使う

読者が読みたい言葉?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ!

ブログライティングでは読み手が読みたいと思う単語を文中に盛り込むと、読者の興味を惹くことが出来ます。

 

たとえば「筋トレを頑張ってる人」に向けた記事なら、下記のようなキーワードです。

  • 「ムキムキになる!」
  • 「腹筋が割れるかも!?」
  • 「すぐに筋肉がつけられる!」

このように読み手ファーストの単語を入れると、興味を促しやすいですね。

その単語が入っているだけで、"それを達成したかのように錯覚"が起きるので、文章に対する好感が上がる効果があります。

 

読者がどんなキーワードに興味あるか、知らべておくといいですよ!

 

リズミカルな文章を心がける

リズミカルな文章を心がける

リズミカルな文章ってなんですか?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ

ブログの文章は、心地よいリズムの文章で書く必要があります。

実は文章にリズムがあるかどうかは、「接続詞が綺麗入るかどうか」で確認できます。

 

具体例を挙げると、こんな感じです。

✖:
私は朝4時に起きています。近年若者の新聞離れが問題になってますが、我が家の息子は熱心に読んでます。バリスタは最高で、数千円でこの買い物ができるのは熱すぎます。今日も目玉焼きが美味しいです。

これ読んだ感想は、「どゆこと????」って思いますよね。

気持ち悪いリズムの文章は、文と文の間に入る接続詞が思い浮かばないんです。

 

ダメな例で確認してみると、下記のようになります。

✖:
私は朝4時に起きています。〇〇〇、近年若者の新聞離れが問題になってますが、我が家の息子は熱心に読んでます。△△△、バリスタは最高で、数千円でこの買い物ができるのは熱すぎます。◇◇◇、今日も目玉焼きが美味しいです。

〇〇〇、△△△、◇◇◇に入る接続詞が思い浮かびません、支離滅裂な文章とはこういうことです。

 

「接続詞が入らない」ような文章は「気持ち悪いリズム」になります。

「接続詞があるか無いか?」はどっちでも良いですが、入れることの出来ない文章はダメですね。

 

文章を書く時は、"接続詞"を意識することでリズムが良い文章が書けるようになります。

 

漢字五文字以上はNG

漢字五文字以上はNG

漢字を連続したらダメってことですか?
かんすけ
アフィラ
具体例を交えながら解説するぞ!

5文字以上の漢字の連続は絶対ダメです。

漢字ってだけで読みたくないと思う人が大半だからです。

 

例を挙げると下記のような感じ。

✖:
ブロガーは、作業量超重視型方法か、質超重視型方法のどちらかをまず決めるべきです。

〇:
ブロガーは、作業量を重視する手法か、質を重視する方法かをまず決めるべきです。

5文字以上の漢字の羅列は、そのあたりが漢字で重なってしまって非常に読みづらいです。

なので、漢字は4文字までがブログライティングの基本です。

また、「漢字」+「漢字」の連結も見にくいので、ひらがなを1文字挟んだほうが良いです。

 

箇条書きを積極的に使う

箇条書きを積極的に使う

なんで箇条書きなんですか?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ

ブログライティングでは、箇条書きを積極的に使ったほうが良いです。

何故なら、スマホで読む人は見てるだけで、読んではいないからですね。

 

一文が長いと読まれないので、箇条書きでリスト化して示すのがポイント!

 

具体例を挙げると次のようになります。

✖:

文字には大きく5種類あります。その理想的な配分は、ひらがなが40%、カタカナが15%、漢字が40%、数字が4%、記号が1%だと考えています。

〇:

文字には大きく5種類あり、配分は次の割合がベスト。

①ひらがな 40%
②カタカナ 15%
③漢字 40%
④英数字 4%
➄記号 1%

どちらも内容は同じですが、箇条書きの方が見やすいですね。

・並列の内容を列挙
・AとBとCの比較(対比)
・〇ステップの紹介

ブログの全てが箇条書きであるのは不自然ですが、上記のようなところは箇条書きを使うと良いですよ!

 

中学生でもわかる言葉を使う

中学生でもわかる言葉を使う

中学生でも?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ

中学生でもわかる文章で書くのがライティングのコツです。

なぜなら、ブログを読むときは真剣に読む気持ちが大体の人には無いから。

 

お金を払って読む書籍や、重要度が高い会社の書類などと、無料で読めるネット上の文書では、読者の文章に対する真剣度が違います。

「難しい言葉なんて読みたくない!」って考えているので、中学生でもわかる文章で書くべきですよ!

 

引用を活用して説得力UP

引用を活用して説得力UP

引用を活用するとは?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ!

引用を活用して文章の説得力をアップすることが出来ます。

いくらそれっぽい言葉を書いても、「それで?情報の出どころは?」と思われてしまったら読まれません。

 

使えるところでは権威性・専門性のあるサイトから引用をして、自分なりの解釈の構成で文章を作りましょう。

実はSEO的にも効果がありますし、何より文章の説得力が格段に上がります。

 

文末表現を切り替える

文末表現を切り替える

文末表現?
かんすけ
アフィラ
「〜です。」が続くと読みづらいぞ!

ブログライティングにおいて、文末表現を切替えるのはストレスなく読んでもらう為に大事です。

たとえば、何回も「~です。」が続くと読みづらいし気持ち悪いんですよね。

 

その対策として体言止めや、「!」といった工夫を取り入れていくといいですよ!

 

たとえ話を入れる

たとえ話を入れる

たとえ話?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ!

ちょっと難しい話や専門的な話を分かりやすく説明したいときには、「たとえ話」を入れると有効的です。

 

例文はこちら。

文章は料理に似ています。
いくら調理器具や味付けにこってみても、
あるいは、盛りつけるお皿に凝ってみても、
もともとの素材(題材)が腐っていては、
おいしい料理(文章)にはなりません。

このように、「たとえ話」を使うとわかりやすく説明することが可能です。

 

図解を入れてわかりやすくする

図解を入れてわかりやすくする

図解をいれるって?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ!

ブログライティングにおいて、図解は入れれるなら沢山いれた方が良いです。

なぜなら図解は文章の補足にもなるし、読者のスクロールが止まる&一瞬で理解させることが出来るからですね。

 

たとえば私は下記のような図解を使っています。

このように、私の記事は図解画像を挿入していることが多いです。

 

実際に図解を入れた記事はよく読まれますし、キラーページなら成約率もUPしてブログ収益も伸びます!

図解画像を作るのは面倒で時間がかかりますが、記事のクオリティを上げてブログ収益を伸ばしたいなら図解を入れると良いですよ!

 

≫売上UPの図解作成ご依頼を受け付けています【アフィラ図解サービス】

 

ブログライティングはSEOを意識するのも大切

ブログライティングはSEOを意識するのも大切

ライティングでもSEOを意識するんですか?
かんすけ
アフィラ
Googleから評価をもらうためにはライティングでも意識だ!

ブログのメイン集客が検索エンジンである以上、SEOを意識したライティングは必要不可欠です。

実際に当ブログ「作業ロケット」ではSEO対策を意識したライティングを実施していて、上位表示が出来ています。

 

ではここで、SEOライティングのポイントをいくつか紹介します。

  1. 見出し内の初文はSEOキーワードを入れる
  2. 適度にSEOキーワードを混ぜる
  3. 表記揺れ語、関連語、共起語を文中に含む

 

このような意識で文章を書いていくと、検索エンジンで上位表示が獲れるようになりますよ!

 

見出し内の初文はSEOキーワードを入れる意識をしよう

見出し内の初文はSEOキーワードを入れる意識をしよう

初文にSEOキーワード?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ!

見出しの初文にSEOキーワードを混ぜることが、SEO対策で有効だと言われています。

実際に私のブログの記事のほとんどはその手法を用いています。

 

SEOに正解はないとよく言われますが、私のブログでは上位の記事を量産できているので、やっておいて損はないです。

不自然な文章の形にならないように、なるべくSEOキーワードを配置しておきましょう!

見出しの初文に入れることで、読者にもGoogleにも分かりやすく!

 

適度にSEOキーワードを混ぜたい

適度にSEOキーワードを混ぜたい

なんでSEOキーワードを入れるんですか?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ!

適度にSEOキーワードを混ぜることで、Googleに評価されやすくなります。

昔ほどキーワード比率は重視されなくなってますが、検索エンジンが記事内の文章を見て判断している以上、効果はあります。

(当ブログを調べてもらえば分かりますが、キーワード比率はかなり重視してます)

 

文章が不自然になるほどの記述はいけませんが、あくまで自然な範囲で積極的にキーワードを入れていきましょう!

 

表記揺れ語、関連語を文中にいくつか含む

表記揺れ語、関連語を文中にいくつか含む

表記ゆれって?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ!

表記揺れ、関連語とはSEOキーワードに類似した言葉の事です。

表記ゆれ(ひょうきゆれ)とは、ある言語の文字表記において、ある単語が2通り以上の書き方をされることにより、表記にばらつきが生じることを指す。表記揺れとも称す

引用:Wikipedia

Wikipediaではこの様に定義されています。

 

例えば、「りんご」という一文字を見てみても、次のようにな表記揺れが考えられます。

  • りんご
  • リンゴ
  • 林檎

このように「ひらがな、カタカナ、漢字」の三種類の文字の表現がありますね。

 

このような表記揺れや、関連語、共起語については適度に文中に含めることでSEO対策になりますよ!

 

ライティングの型に則れば読まれる記事になる

ライティングの型に則れば読まれる記事になる

ライティングの型ですか?
かんすけ
アフィラ
ライティングの型を覚えると読みやすい記事を書くことが出来るぞ!

ライティングの型を知らないと、何を書いていいか悩んでしまうし、読まれる記事は書けません。

実はライティングの型というのは数多く存在し、多くのブロガーはそれに則って書いていることが多いです。

 

ライティングの型に忠実に従っているからこそ、ブログで稼げるんですよね。

  1. PREP法
  2. PPCの法則
  3. SDS法

それでは代表的なライティングの型を紹介していきます!

 

PREP法

PREP法

PREP法?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ!

ライティングの型として、PREP法は優秀なライティングの型の一つです。

PREP法は主にビジネスシーンで用いられる文章構成方法であり、簡潔かつ説得力のある文章を作成する際に用いられます。

PREP法における「PREP」とは以下の

  • P=Point(結論)
  • R=Reason(理由)
  • E=Example(事例、具体例)
  • P=Point(結論を繰り返す)

の頭文字を取っている。最初に結論を伝え、次にその理由を説明、事例で理由を補強し、最後に結論を再度提示するストーリーを展開する。

引用:Wikipedia

PREP法は、読み手にしっかりと意図を伝えられることがメリットですね。

 

実際にこのライティングの型を使った例文はこちらです。

PREP法はブログを書く時にとても適しています。(結論)

何故なら、読者が理解しやすい簡潔な文章を書けるからですね。(理由)

実際、PREP法を使った記事では読者が納得しやすく、ページ離脱率も下がる傾向にあります。[実際のデータ](事例、具体例)

つまりPREP法はブログを書くのにとても適しています(再結論)

このようにPREP法に則って記事を書くと、読者に意図が伝わりにくい、読みづらい文章になることはありません。

 

「まず覚えたいライティング法はPREP法!」って感じで、ブログ記事を書くと良いですよ!

 

PPCの法則

PPCの法則

PPCの法則とは何ですか?
かんすけ
アフィラ
コピーライティングでライティングの型だ

PPCの法則とは、コピーライティングにおけるライティングの型の一つです。

  • Promise ⇒ 約束
  • Proof ⇒ 証拠、証明
  • Call to Action ⇒ 行動の呼びかけ

この3つの頭文字をとったものがPPCの法則になります。

読み手からの信用を作り出すのに最も適しているライティングの型で、セールスページでよく使われたりします。

 

PPCの法則を使った例文は、たとえば次のようになります。

この記事を読めばあなたはライティングのコツを学び、読まれる記事を書く事が出来ます。(約束)

実際、私は初心者ブロガーの時にこの記事に書いてある内容をマスターした結果、5年間のブログで稼ぐ事が出来ています。(証拠、証明)

[画像・データなどの証明があれば貼る]詳しくはこちらの記事で、解説しています。

>>アフリエイトリンク(行動の呼びかけ)

実際に、文章だけで行動を起こしてもらうことは難しいです。

 

しかしこのPPCの法則でしっかりと信用を獲得することで、読者を行動に移すことが可能となるんです。

文章は読者の心や行動を動かしてこそ価値があるので、信頼獲得のためにPPCライティングを使うと良いですよ!

 

SDS法

SDS法

SDS法ってなんですか?
かんすけ
アフィラ
詳しく解説するぞ!

SDS法はPREP法と同時に使用することが多い、ライティングの型の1つです。

 

Summary(要約)、Detail(詳細)、Summary(まとめ)の頭文字を取ったもので、PREP法と同様プレゼンテーションに良く用いられる文章構成方法。

  1. 最初に紹介するモノやサービスの概要を伝える
  2. 次にそれに関する詳細な説明を述べる。
  3. 最後にそれらを総合し、まとめを述べる。

上記のとおり、SDSの各項目で同じ内容を3回詳細度を変えて繰り返し説明するのがポイント。

引用:Wikipedia

SDS法は要約を示して、主張をしっかり相手に伝える手法です。

 

例えばSDS法を使って記事を書くとこうなります。

今回はライティングのコツとして使えるSDS法を紹介します。(概要)

SDS法はこのような文章構成になっています。(詳細)

・Summary(要約)
・Detail(詳細)
・Summary(まとめ)

「概要を伝える」⇒「詳細を説明する」⇒「それについてのまとめを文章上で展開していく」といった書き方ですね。

それではまずはSummaryから見ていきましょう。(まとめ)

 

このようにSDS法を使うと、同じ内容を別の表現方法で伝えるので、読者が理解しやすいんですよね。

 

SDS法で要約を語り、個別の主張はPREP法を使っていくのがライティングにおけるセオリーですよ!

 

読まれるブログライティングのコツ21個まとめ

読まれるブログライティングのコツ21個まとめ

よーしまずはライティングのコツを一つづつ実践していきます。
かんすけ
アフィラ
これで読まれる記事を書けるようになるな

本記事では、「ブログライティングのコツ」について解説してきました。

重要なポイントをおさらいすると下記のとおりです。

ココがポイント

  1. 読まれるブログライティングにはコツがある
  2. ライティングの型に沿って書くのが大事
  3. スマホで見やすい文章を書く意識をもつ

 

ブログの読みやすさをひたすら追求していけば、ブログのアクセス数はどんどん増えていきます

今すぐできる具体的TODO

具体的TODO

  • ライティングのコツを紙に書き出す
  • それを見ながらブログ記事を書く
  • 特にPREP法を使って記事を書く
  • SEOライティングも取り入れて書く

 

アフィラの小言

アフィラ
ブログは見やすさを一番重視する

ブログライティングは読まれやすさではなく、見やすさを一番に意識するべきです。

その理由は、読者はブログを読んでいるのではなく見ているだけだから。

 

書籍・小説を読む時と、スマホでブログを読む時では読み手の意識が全然違います。

それを肌感覚で理解できるようになれば、読まれやすいブログが書けるようになりますよ!

 

ブログ記事タイトルの付け方のコツ10個【1位獲る方法を暴露する。】

-ブログ

© 2021 作業ロケット Powered by AFFINGER5